車の応急処置について(バンパー編)

・縁石に当てた

・ガードレールに接触した

・自宅のガレージのポールに当てた

 

この様な軽い事故?は誰もが経験した事があると思います。

そんな時、フロンとやリヤのバンパーが外れそうになっていたまま走行していると、いつバンパーが外れてしまうか不安になると思います。

もし外れたら・・・

自分自身だけでなく周りの方にとっても非常に危険な状態となります。

今回は、バンパーについての基礎知識&万が一の際の応急処置方法について一緒に勉強していきましょう。

 

 

◎フロントバンパーについて

昔の車は金属製のバンパーばかりでした。

しかし、万が一の事故の際に歩行者に与える衝撃を少しでも緩和する為に、現代の車のフロントバンパーは殆どが樹脂製です。

衝撃の際にバンパーが変形して、歩行者を守る事が最優先となっているのです。

衝撃によって簡単に凹むほどに柔らかい素材なので、少しブツけただけでもズレたり外れたりするようになっています。

 

 

◎フロントバンパーの取り付け方法

フロントバンパーは、パーツが大きいですがネジ止めされている箇所は実は少ないのです。

ネジの代わりにクリップを使って固定されています。

クリップを使わなくて良い箇所は、挟み込んでいるだけの場合もあります。

ですから、ブツけたりした際にバンパーがズレたり外れたりしているのはクリップが外れたからなのです。

 

 

◎フロントバンパーがズレたり外れたりした際の応急処置

フロントバンパーが外れてしまった場合、場合によってはハンドルが切れなくなったりして非常に危険な状態になります。

上記で説明したクリップをはめて応急処置をしても、バンパー自体が曲がってしまっているので元通りにキッチリ固定される事はありません。

念の為に、テープ等でボディに固定する必要があります。

この様にバンパーが破損してしまった場合は、出来るだけ早く修理工場やディーラーに持って行って修理してもらいましょう。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 初代14マジェスタ!!当時ナソバー!!いやぁ、新しいクラウンよりもこの方が遥…
  2. 5代目ルーチェ!マツダ本社のある広島ですwwwwwwwwwwWWWWWWWWWWwwwwww…
  3. SW20MR-2!!最終型のGT-S!!2代目のMR-2はヤヴァいです!!!…
PAGE TOP