交差点でスムーズに右折する走り方

車を運転していてよく聞くのが「右折が苦手なんです」という意見

確かに右折は見え難いし、二輪に対しての注意も必要ですよね。

そこで今回は、右折に関する注意点を書いてみました。

 

◎焦りは禁物、自分のタイミングで

初心者の方が特に苦手とするのが交差点での右折

右折用の信号が有ると比較的楽に右折出来るのですが、右折用の信号が無い交差点での右折は苦手な人が多いと思います。

一瞬の判断ミスでかなりの危険を伴います。

右折の先頭で対向車が途切れているのに発進しないと、すぐに後続車からクラクションを鳴らされたりしますよね。

そこで対向車が途切れた時に発進するのですが、向かってくる対向車はスピードが様々で{対向車の交差点までの時間を一瞬で判断する}というのは、慣れと経験が必要です。

後続車にクラクションを鳴らされたとはいえ、あわてて発進し事故になってもいけないので無視しましょう。

それが原因で事故になっても、後続車は責任を取るはずもありませんからね。

 

◎横断歩道にも目を向ける

交差点を右折する際、注意する事は対向車両だけではありません。

曲がる先の横断歩道にも細心の注意が必要です。

横断歩道を横断中の人がいたら、その手前で停止が必要です。

これにも慣れが必要で、慣れないうちは対向車両に気をとられ横断歩道まで目が行き届きません。

右折の途中で信号が黄色や赤色になっても、焦らずに行動しましょう。

信号が変わりそうになる時、無理に渡ろうとする自転車や歩行者もいますので細心の注意が必要です。

 

◎右折の矢印信号も油断は禁物

右折の先頭で矢印の信号が出た場合、変わった直後は注意が必要です。

稀に悪質なドライバーがいます。

自分側の信号が赤色になっているにもかかわらず、かまわず交差点に進入してくる人がいるのです。

皆様もそういうのを目撃した事があるはずです。

何故なら、右折矢印のある交差点では{自分の車が見えているから止まるだろう}と思い込んでいる人がいるのです。

こういった事故は本当に多く発生しています。

こちらの信号の矢印が出たからといって、安心して進んでいると事故になったという案件もあるので対向車両をよく確認してから進むようにしましょう。

 

◎対向車線の二輪車にも注意

右折待ちをしていると、対向車線のドライバーが親切にパッシングして道を譲ってくれる事があります。

対向車線が渋滞している時、車間を空けてくれて通してくれるドライバーも見掛けますよね。

この様な時にも注意する事があります。

止まっている車の向こう側(死角)から急に二輪が出てくる可能性があるのです。

道を譲ってもらっても急がず、二輪の確認を行える様にゆっくりと右折する様に注意しましょう。

 

いかがでしたか?

車の運転には事故がつきものです。

事故も無く、安全に快適に運転したいものですよね。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 初代インスパイア!3ナソバーボディ!!5ナソバーのインスパイアが発売されてバカ売れ…
  2. 330!!ナソバーが付いてないので新規取得かなwwwwwwwwwwWWWWWWWWWWw…
  3. 2代目デボネア!5ナソバーボディ!!…
PAGE TOP